スキンケア

洗顔の正しい方法を徹底解説! 美容皮膚科医がおすすめする洗顔料8選

美容皮膚科医@銀座のベルです。

美容迷子ちゃん
美容迷子ちゃん
クレンジングとか洗顔が一番スキンケアで大事っていう意見あるけど、実際どうなんですか?こだわりの商品とかありますか?

 

ベル先生
ベル先生
さすがに一番ではない気がする(笑)

洗顔料にこだわるよりも、実は正しい洗顔方法を身につける方が有益なことが多いよ

 

 

私はクレンジングと洗顔(以下まとめて洗浄とします)により何かを得るというより、いかにダメージ要素を減らすかがポイントと考えています。

 

「洗浄剤の商品自体は70点ぐらいでいいかな、

それよりも正しい方法で洗おう

という意見です。

 

 

この記事を読んで分かること

・クレンジング最強神話から抜け出せる。

・正しい洗浄方法とは。その役割。

・間違った洗浄方法が何か。どんなデメリットがあるか。

・”洗浄そこそこ説”の私が何をどうやって使っているのか。

 

 

クレンジングや洗顔の誤解と実際

現代のクレンジングや洗顔剤は高品質

洗顔せっけん

わたしがそこまでこだわらなくてもいいかなと思う理由の一つが、最近の日本における洗浄剤のレベルの高さ!

 

なので現代では、洗浄剤の成分などよりも、

その商品の使い方で、皮膚トラブルが起きることが圧倒的に多いと言われています。

 

クレンジングや洗顔にこだわりまくっても美肌効果は・・・

一番大切とはやっぱり言えないと思う

洗顔剤

ぶっちゃけますと、大半の人にっとては、洗浄剤にこだわりまくるよりも

・ビタミンAをスキンケアに取り入れる、

・美容医療でメンテナンスする

などの方か、ずっと効率よくキレイになれます。

 

だって、洗浄剤は汚れを落とすのがメインの役割。

それ以外の効果を期待するのは、見当はずれです。

 

最高の洗浄剤とは何なのか

クレンジング

ではそれを解説しましょう。

世界最高のクレンジング剤や洗顔料(洗浄剤)があったとしましょう。

そしてその使い方も世界最高レベルのテクニックで使えたとしましょう。

それらにはどんな特徴があり、どんな効果が得られるのでしょうか?

 

答え:

・肌に無駄な刺激(摩擦や炎症)を与えない

・肌の栄養成分やバリア機能を極力そのままの状態で保つ

・皮膚に洗浄成分を残さない

・汚れだけをしっかり落とす

以上です!

 

肌の構造ってなんだったけ?と言う人へ

角質構造

※本当はこの記事を参照して欲しい

美容皮膚科医が感動!最高のスキンケア成分はビタミンA(レチノール、レチノイド)よく聞かれるのがこの質問。 「スキンケア商品色々ありすぎて混乱します。結局何がいいんですか?」 ビタミンAは...
ズボラー
ズボラー
長い文章読むのめんどいわ

でも知らないと話よく分かんないと思うので、超簡単に説明します。

 

とりあえず、洗顔で関わってくるのは角質。

角質はお肌のラップお肌を守っています。

バリア機能が崩れるっていうのは、ラップが破れるイメージ

すると、上図のように、アレルゲンや刺激が肌の大事な部分に入ってきて大問題。

肌のラップの成分は、天然保湿因子(上の図の薄い黄色)、角質細胞間質(水色)、皮膜(オレンジ)。

これらがしっかりあると、強いラップになります。

 

洗顔はこのラップを傷つけないように、行うのが理想。

物理的な摩擦だけでなく、ラップ成分が洗顔で奪われても、ラップは弱くなります。

 

洗浄剤に期待できること、できないこと

リラックス

要するに、“汚れを落とす”以外にプラスに働く要素はありません。

いかに洗浄力を保ちつつ、洗浄によるダメージを減らすかということなのです。

だから、どんなにパーフェクトな洗浄をしても、エイジングの速度は変わらない、シミもシワもたるみも特にプラスには働きません。

 

間違った洗浄によるデメリット

女子の本音
女子の本音
そんなに大切じゃないなら、適当に洗えばいっか!?

どんなにいい商品でも、使い方が悪いと、

肌のバリア機能が崩れる→乾燥肌荒れ皮膚の病気に繋がる

炎症が起きる→肌の老化肝斑に繋がる

というデメリットがあります。

 

既にお肌のバリア機能が悪い人は、洗浄剤の成分にも刺激を受けやすいので、ある程度気にしましょう。

 

皮膚の汚れとは

皮膚の汚れの種類

汚れ

汚れといってもいくつかの種類に分けられます。(特に区別して覚える必要なし)

・皮膚の代謝物

過剰な皮脂、剥離した角質、汗など

 

・体から排泄されて皮膚につくもの

尿・便などの排泄物、皮膚常在菌の代謝産物

 

・外側から皮膚に付着するもの

ホコリ、汚れ、メイクアップ、皮膚表面についた病原菌

汚れは水だけでは落ちないの?

水
美容迷子ちゃん
美容迷子ちゃん
洗浄に使う界面活性剤が皮膚に悪いからといって、”水洗顔が最強説”を唱えている人たちいるけど、どうなの?

 

ベル先生
ベル先生
まぁ水だけで全部済むとか、極論ですよね。

 

 

皮脂やメイクをはじめとした油汚れは、水でも少しは落ちるけど、やっぱり残りますよね。

 

界面活性剤は水と油の両方になじむので、油汚れをとりきるためには必要です。

 

確かに放置しても、いつか化粧が全部取れているように、いつかは自然に肌のターンオーバーに合わせて取れます。

でもその間に以下のようなデメリットがあります。

 

皮膚の汚れが起こす悪い影響

皮膚汚れ

汚れがあると具体的にどんな悪い影響があるか、意外と知らないですよね。

 

・皮膚本来の力が低下する

ターンオーバーが乱れる、毛穴に汚れがたまる、ニキビにも繋がる

 

・バリア機能が低下

皮膚の病気(湿疹、脂漏性皮膚炎など)を発症する、皮膚疾患(アトピー性皮膚炎など)の悪化、肌が敏感になる、フケが出る

 

・細菌などに感染しやすくなる

水虫やマラセチアなどの真菌症にかかりやすくなる

 

・ニオイが生じる

汗はそれ自体がくさいのではなく、皮膚の常在菌に分解されることで臭う

加齢臭やミドル脂臭は余分に作られる脂が分解されることによる。

 

洗顔、のおすすめ

肌を洗う時の基本ルール

皮膚を水で濡らしておく

水

乾いた皮膚に直接おくより、濡れた肌に洗浄剤をおいた方が、肌に界面活性剤が吸着されにくくなります。

しっかり泡立てる

泡立てるメリットは3つ

・多くの界面活性剤が泡の中に入り、汚れを効率よく取り除ける

・肌に浸透して悪さをする、遊離の界面活性剤が減る

(要は泡立てると汚れも落ちやすいし、肌にも悪さをしにくくなる)

・お肌にかかる摩擦が減る

脂が多い部分から洗う

脂

顔だったらTゾーン、

体の場合は、足裏、脇、、その他皮膚が重なり汗がたまりやすい場所など

から洗うといいです

 

できる限り肌に摩擦を与えない

泡

洗顔の時は、泡のクッションで洗うイメージです。

自分の指が皮膚に触れたか触れてないか”、くらいで洗いましょう。

洗顔ブラシやスクラブは皮膚科学的には、いいことは何一つありません

体を洗う際も、洗顔用のタオルはなしでいいです。

背中など手が届かないところは、できる限り柔らかいものを使いましょう。

 

スッキリン子
スッキリン子
いやー、でも洗顔ブラシやスクラブのすっきり感はやめられない。そんな優しく洗ってても、汚れ落ちた感がない
ベル先生
ベル先生
まぁ慣れるまではそうだよね。でも実際は、それでも十分落ちているよ。

摩擦による害の方が大きすぎます。

ニキビの患者さんとかは特に、ゴシゴシしがちだけど、バリア機能が低下すると余計にニキビできるから、本当にゴシゴシやめてね。

 

美容迷子ちゃん
美容迷子ちゃん
でも私は毛穴の汚れがきになるのよ!なんとかして、取りたい!

 

ベル先生
ベル先生
洗顔やクレンジングでは毛穴に関しても限界あるよ。ピーリングなどの治療をした方が、効果もあるし肌にも優しいよ

 

毛穴にはクリニックのケミカルピーリングやトレチノイン(ビタミンAのすごく強いもの)のが毛穴の汚れは取れます。他にも汚れをとった毛穴を引き締める治療はたくさんあります。

クリニックに行くのに抵抗があるなら、ピーリングソープで妥協するのもあり!

スクラブしたり、洗顔ブラシで毛穴の汚れを取ろうとするより、効果もあるし、肌に優しいです。毎日やらないように注意してね。

 

私は、体にはこのピーリングソープを週に2−3回使ってます。



普通の人は、黄緑色(AHA)。敏感肌な方は青色(AHAマイルド)から始めるのがおすすめ。

個人的には、石けんにハイドロキノンやティトゥリーをつける必要はない、と思います。

 

もうちょっと本格的にピーリングしたいなら、デルファーマのホームピーリングがおすすめ

デルファーマは超老舗の日本人向けのピーリングメーカーさん

ピーリングメーカーさんの中では私が最も信頼しているし、私のクリニックでも使ってます(医療用のだからこれと全く同じではない)

 

なるべく短時間で洗い終わる

時計

洗浄剤はどんなに肌に優しいとうたっている成分でも、あくまで肌を洗浄するのが主な目的です。

そのため、長い間、肌に載せていると、やはり肌の栄養成分が奪われやすきなるので、なるべくサッサと終わった方がいいです。

顔で大体30秒。(15秒と言う先生もいます)

 

ぬるま湯で十分すすぐ

意外とみんな、すすぎが甘い!!!!

特にすすぎ残しがあるのはこのあたり!

 

特にこの辺りは念入りにすすいでね。

すすぎ残しがあって、その界面活性剤が自分の肌と相性が悪いと、肌に悪さをしちゃいます。

あとは、乾燥肌の人は特にぬるま湯で洗った方が、余分な水分を失わなくてすみます。

シャワーの水圧とかもできれば強くなりすぎないように、注意しましょう。

 

顔の洗い方

余程の乾燥肌でない限りは、1日2回、洗浄剤を使って洗顔した方がいいです。

特に朝も化粧をしてないこともあり、水のみで洗顔する人が多いようですね。

乾燥が気になるなら、後述する肌に優しめの洗顔剤でもいいので2回洗ってみてはどうでしょう?

特にニキビの患者さんでは、日本皮膚科学会のガイドラインにも1日2回洗浄剤を使っての洗顔の重要性が書かれています。

 

体の洗い方

念入りに洗浄が必要な場所

お風呂場

アポクリン汗腺がある場所(匂いがきつい場所):ワキ、乳房、デリケートゾーン(VIO)

皮膚がすり合わさる場所:ワキ、乳房下、股、足指の間

その他、足の裏も匂いを発しやすいので、念入りに洗う必要あり

グチュグチュした傷も、洗浄剤を使って洗った方が早く治ります。

その他の部位

その他の部位は、乾燥しやすい人は洗浄剤を毎日使う必要はないです。

前述したように、体を洗う際に、ブラシやタオルを使う必要はありません。

背中など手が届かない部位など、何か使いたい場合は、皮膚より柔らかい素材を選びましょう。

実際におすすめする洗顔、クレンジング

界面活性剤の最低限の知識

ミセル

洗浄といえば、やはり油汚れがあるので、界面活性剤が必要になってきます。

意識たか子
意識たか子
界面活性剤=悪なんでしょ?お肌に悪いイメージ!
ベル先生
ベル先生
最近の商品は進化しているから、界面活性剤だけのせいで肌あれすることは実は少ないよ

洗浄剤で肌荒れ・乾燥する原因は、実は成分による問題よりも、擦りすぎ、頻回に使いすぎる、不十分なすすぎなど使い方が原因のことが多いです。

もちろん成分が肌に合わないこともあるんですが、日本製の洗浄剤では少ないです。

 

界面活性剤は4種類あります。

アニオン性、非イオン性、両性、カチオン性界面活性剤です。

ここから先にさらに詳しい分類があって、とにかくややこしいです。

私は洗浄の成分に関しては、そこまで詳しくので簡単なアドバイスになります。

 

普通肌、脂性肌→純石けん(いわゆる純石けん)

肌が弱い人、乾燥肌の人→アミノ酸系界面活性剤セラミド含有の洗浄剤

石けんはしっかり脂も落としますが、その分つっぱるように感じる方もいます。

 

・洗浄剤にお肌の成分が入っていると、その成分がお肌から出て行きにくい

・健康な肌であれば純石けんは、肌に載せると無害化しやすい→必要以上に肌の栄養分を奪う前に無害化される

・純石けんによりお肌のPHがアルカリ性に傾きますが、正常の肌であれば数分以内に弱酸性に戻るのでほとんど問題なし

 

オーガニック≠肌に優しい

オーガニックは肌に刺激になることの方が多いです!!

ケミカルよりよくカブレます。

 

洗浄の成分に関しては、わたしより化粧品会社の開発者さん達の方が詳しいと思います。(正直者)

洗浄で得られる効果は限られていると知っていても、やはり毎日使いたいから最高の成分にこだわりたい。ベストを尽くしたい。という女心もわかります。

そんな方は、ぜひ成分を研究されている研究者さん達のブログや記事を参考にされてみてください。とても研究熱心ですごいなーと私もたまに勉強させてもらっています

 

ベル先生がおすすめする洗顔・石けん商品

純石鹸

私は石けんで落ちるメイクをしているので、クレンジングをしません。

アミノ酸系の方が肌には優しいですが、日焼け止めをしっかり落としたいため、より洗浄力のある純石鹸を利用しています。

あわ立てネットを使ってもいい人は固形がお得です。

財布に優しいので、浮いたお金をほかに使えるのが嬉しい!

 

別に純石鹸だったらなんでも大差ないのですが、大きさが程よいカネボウのを使ってます。

 

 

 

泡立てるのがめんどくさい人は、これらも純石けんだけど泡で出てくるので楽です。

 

ボディソープの方がたくさん入ってるのでスペースがあるならお得(上と同じ成分)

 

アミノ酸系界面活性剤

朝は化粧をしていないので、なるべく肌に優しいアミノ酸系界面活性剤を使っています。

普段から乾燥肌の人は、夜もこれでもいいと思います。

洗浄力は弱いので、濃いメイクをする時はクレンジングを使ってください。

 

第一三共さん(ロキソニンの会社)の安心感は強いです。

私は朝は急いでいるので、泡型が好きです。

 

泡型でお手軽価格なのはこちら。セラミドも少し入っています。

エトヴォスのこの商品はヒト型セラミドも多種類入っていて、乾燥しにくいです。
泡型作って欲しい。。。

アクセーヌもいい商品多いです。

その他肌にやさしいおすすめ


アミノ酸系界面活性剤ではない非イオン性界面活性剤も入っていますが、十分お肌に優しいです。セラミドも(ヒト型ではないけど)様々な種類入っています。値段も手頃!

スクラブ・洗顔ブラシ大好きさん、毛穴の汚れきになる方

 

すっきり感、ツルッと感、毛穴の汚れは、ピーリングのほうが効きます

摩擦もないので、ピーリング圧勝です。

クリニックに行けない人は、こちらのピーリングソープがおススメ。



わたしも黄緑色(AHA)を、ボディに週2ー3回使っています。

まとめ

デコルテ スキン

・まず正しい洗い方を身につけよう。

・湿った肌に、しっかりあわ立てた泡で、脂っぽいところから、すっごく優しく洗う

・すすぎはしっかり!なるべくぬるま湯で

・成分にもこだわりたいなら、純石けんorアミノ酸系の洗浄剤

・洗浄はいかにデメリットを減らすかが大事

・それ以上の効果はない

綺麗になりたいけど、どうしていいかわからないというあなたを応援します